組織概要

目次


NPOリスク・マネジメント・オフィスについて

ミッション (NPOリスク・マネジメント・オフィスの使命)

多様な背景や価値観を持つ人たちが生きやすいと感じ、参加したいときには安心して参加できる社会を実現する。

活動の基となる価値 
(NPOリスク・マネジメント・オフィスが大切にするもの)

1)多様性
 国籍や民族、人種、ジェンダー、性的志向、障がい、宗教、家庭環境など、さまざまな背景や価値観を持つ人たちが差別されたり抑圧されたりすることなく、必要なときに必要な支援を得たり提供したりしながら、「そのまま」を受け入れたり尊重したりしあう社会が理想的だと考えます。

2)持続可能性
 人々の多様性や自然環境などを大切にする持続可能な社会が、現在そして将来にわたって人が他の人や自然と共生し、豊かな文化や自然を維持することにつながります。

3)リスク・マネジメント
 そのような社会の実現のために活動する個人や組織が「非営利」「ボランティア」「善意」に甘えることなく、自分たちの活動や組織にともなう法的・社会的責任を理解し、活動者たちがリスク・マネジメントに取り組むことが重要だと考えます。

4)社会資源の有効活用
 社会の多様性や持続可能性を実現のため、個人や1つの組織では十分に確保することが難しい、活動に必要な人や知識や情報、設備などの社会資源を共有するなどの有効な活用が有用だと考えます。

5)アドボカシーやロビイングと民主主義
 上記のような社会のよい価値を実現し、よりよい社会をめざすために、人々とのさまざまな協力活動だけでなく、法制度の整備のための政策提言活動などのアドボカシーやロビイングも必要だと考えます。そして、アドボカシーやロビイングを民主主義の重要な側面の一つととらえ、これらの活動にも取り組むことで民主主義の発展に寄与します。

スローガン

いいことは、うまくやろう!

 

重点領域

 NPOやボランティアにこそ、リスク・マネジメントは必要です。自分たちの「よりよい社会をめざしたい」という想いや活動を、防げたかもしれない事故などで無駄にしてしまったり、笑顔になってほしいと思っていた人たちを傷つけてしまったりすることは、防がなくてはなりません。とはいえ、リスク・マネジメント部門を自分の組織に設置したり、リスク・マネージャーを置いたりするのは難しいNPOがほとんどだと思います。
 そこで、上記のミッション、ビジョンそしてスローガンにもとづき、「NPOの“外付け”リスク・マネジメント部門になれれば」という想いから、NPOリスク・マネジメント・オフィスでは、とくに以下の4つの領域に重点をおき、活動しています。(1から4の順に優先順位をつけているわけではありません。)

1)リスク・マネジメントを市民活動・ボランティア活動の「必須なもの」にする普及活動
 リスク・マネジメントは「自分たちが責任に問われないようにするためのもの」とか、「何か起きたら困るからと活動を萎縮させてしまう、チャレンジ精神と相反するもの」と思われがちです。「自分たちはまだそこまで考えるような組織になっていない」と、リスク・マネジメントを贅沢品・嗜好品のように考えるNPOも多いです。リスク・マネジメントは「最初から組織として考え・実施するべきもの」であり「自分たちがめざす社会の実現のチャンスのためのもの」であることを、非営利セクターのみなさまにお伝えできればと思っています。地味な作業が多いですが、「安心して活動に取り組め、自分たちの活動が充実するチャンスを最大化するもの」というイメージを定着させるべく活動しています。

2)「シェアする(リスク・)マネジメント」のしくみ作り
 NPOも不祥事と無縁ではありません。すべてが悪意ある違法行為とも限りません。企業と異なり、1組織の不祥事で「やっぱりNPOってなんか怪しい」とセクター全体の風評被害に繋がってしまうこともあります。自前でマネジメントに十分な予算や人員を避けないことも多いNPOが、いかにして活動を充実させながら、その活動を支えるマネジメントにも取り組んでいけるしくみ作りに取り組みます。たとえばマネジメントの専門家をシェアしながら「採用」したり、悩みやノウハウを共有する場をもうけるなど、他団体や個人と協力しながらしくみを作ります。

3)ソーシャル・ビジネス/ソーシャル・イノベーションに関する企画への取り組み
 一方で、よりよい社会を作り、地域や世界に笑顔を増やすための活動には、営利・非営利という線引きはあまり意味のないものになってきています。社会でソーシャル・ビジネスやソーシャル・イノベーションの分野には、企業も非営利組織も関わっている分野です。このような「社会のあり方を変える活動」では、前例がない、成功するか失敗するかわからない状況で、さまざまなリスクを取ることも必要です。このような分野で頑張っている方や事例について、学び合うネットワークづくりや実際にプログラムに取り組んだり、情報発信します。

4)ロビイングやアドボカシーの大切さに関する取り組み
 非営利組織にとって、法律や政策からこぼれおちて苦しい生活をする人たちが少なくなるように、また、社会の偏見や差別に取り組むために、法制度を変えるロビイングやアドボカシーも重要な取り組みの一つです。長期的な取り組みであり、また「お金にならない」部分でもありますが、民主主義のためには啓発活動も重要な活動です。NPOリスク・マネジメント・オフィスは、非営利組織のロビイング/アドボカシー力の向上にも取り組みます。

NPOリスク・マネジメント・オフィスはNPO運営支援を中核の事業としていますが、「支援」とは、決して他人事として外から(あるいは「上から」)無責任に言いたいことを言うのではなく、「一緒に」活動することを大切に考えています。

 

活動概要・活動例

活動概要

1)講座・研修
 NPOやボランティアの活動を支援する自治体やボランティアセンター、NPO支援組織、社会福祉協議会などのご依頼を受けてリスク・マネジメント講座を実施したり、主催事業としてNPO向けのリスク・マネジメント講座を実施します。「リスクとは何か。そしてNPOにはどのようなリスクがあるか、そしてどのような対処法があるのか」という全般的なテーマから、ボランティアの受け入れや法制度の変更への対応などの特定のテーマまでお話しています。また、座学だけでなくワークショップやグループワークなども組み合わせて実施することもあります。

2)個別支援
 不特定多数のNPO向けの講座ではどうしても一般的な原則のお話になってしまいます。複数のNPOに共通して存在するリスクでも、そのリスクがどれほど優先順位を高くして取り組むべきものなのか、またそのリスクに取り組む手法は、団体によって異なります。そこで「では、うちではどうしたらいいの?」という疑問や悩みに対応するのが個別支援です。それぞれのNPOのご依頼や事情に応じて、リスク・マネジメント導入・整備を一緒に行ないます。

3)調査研究
 NPOのリスク・マネジメントに限らず、マネジメント全般やNPOなどの市民活動やボランティアが果たす社会での役割やNPOをめぐる法制度など、NPOリスク・マネジメント・オフィスの活動領域に関連するテーマのほかにも、社会の多様性や持続可能性など幅広く調査研究事業を行ないます。NPOリスク・マネジメント・オフィスが主催・事務局を担う調査研究事業のほか、ご依頼に応じて調査研究事業をお引き受けすることもあります。

4)翻訳(日本語・英語)
 調査研究の活動とあわせて翻訳を行なうことも多いのですが、海外での非営利セクターやマネジメントなどについて書かれた文献やウェブサイトなどを日本語に翻訳して日本での非営利セクターのレベルアップや海外で同様に「社会をよくしたい」という想いで活動している方々と日本の方々をつないだりしています。
 ずっと残念に思っているのは、日本のすばらしい活動やアイデア、活動している方のことが海外に向かってなかなか発信されていないことです。今までも、海外の方が来日される際や、日本のNPO関係者の方が海外視察などをされる際に、日本のNPOの活動事例などを英訳させていただくこともあります。

 これら4つの活動領域は完全に分かれているものではなく、組み合わせでお引き受けすることもあります。

活動例

今まで、各地でNPOのリスク・マネジメントに関するお仕事を各地でさせていただきました。すべてをリストアップすることはできませんが、その一部をここで紹介します。なお、NPOリスク・マネジメント・オフィスとしてお引き受けしたお仕事から選んでおります。それ以外の名義や、NPOリスク・マネジメント・オフィス設立以前のものは含んでいないことをご了承ください。(更新日:2020年12月1日)

講座・研修など各種リスク・マネジメント支援

  • JANIC(国際協力NGOセンター)主催 「国際NGOの危機管理」研修(2004年11月19日)
  • 東京ボランティア・市民活動センター主催 ききマネ講座第4回「ボランティアのリスク・ここが心配〜 安心して活動してもらうためのボランティア・マネジメント 〜」講座(2006年11月14日)
  • 宮城県主催 「ボランティア受け入れのリスクを学ぼう!」講座(2007年9月26日)
  • さいたま市市民活動サポートセンター主催 2009年度セミナー第15回「市民活動の組織基盤づくり講座③」NPOの信頼とリスク・マネジメント(2009年12月9日)
  • 関西こども文化教会主催子育てNPO活動者研修「“気づき”の効果を“築き”につなげる『連続した子育て支援とリスクマネジメント』」<大阪開催> 基調講演(2009年11月22日) 
  • 富山県民ボランティア総合支援センター主催 NPOマネジメント研修「NPOのためのリスクマネジメント」(2009年9月29日)
  • 北区社会福祉協議会主催 「安全な食の提供とリスク・マネジメント」講座にて「市民活動・地域貢献活動におけるリスク・マネジメント」講座。(2017年12月7日)
  • 認定NPO法人杜の伝言板ゆるる NPO法人せんだい・みやぎNPOセンター 仙台市主催 NPO法人のための組織・事務力パワーアッププログラム 「NPO法人のためのリスクマネジメント」講座(2020年1月16日)

調査研究

  • 『NPO理事による事務局長評価』(翻訳。IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]、2000年)
  • Doing Well, Doing Good: Managing Risk in Corporate Volunteer Program (共著、 Nonprofit Risk Management Center、2000年)
  • 「コンサルテーションで、もっと成功するNPOへ」 (パブリックリソース
  • 研究会編『パブリックリソースハンドブック――市民社会を拓く資源ガイド』、ぎょうせい、2002年所収)
  • 『よくわかるNPO・ボランティア』(共著。ミネルヴァ書房、2005年)
  • 「NPOマネジメント」(IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]刊)において、NPOのリスク・マネジメントに関する連載等(11号~19号 2001年2月~2002年6月、26号 2003年8月、29号 2004年2月、32号~38号 2004年8月~2005年8月、40号~49号 2005年12月~2007年6月、51号~58号 2007年10月~2008年12月)

翻訳(日本語・英語)

  • 『社会参画する大学と市民学習―アセスメントの原理と技法―』(共訳。学文社、2015年)

その他

  • Moderator at the “Unlocking the Power of Youth through Service-Learning” session. The 16th IAVE (International Association for Volunteer Effort) Asia Pacific Regional Volunteer Conference, in Bangkok, Thailand, Nov. 13th, 2019. (タイ・バンコクで開催された第16回IAVEアジア太平洋地域ボランティア会議「サービスラーニングを通じて若者の力を解き放つ」セッションにて進行役。2019年11月13日)
  • Presenter at the “Responsible Volunteering – Do No Harm!” session. The 16th IAVE (International Association for Volunteer Effort) Asia Pacific Regional Volunteer Conference, in Bangkok, Thailand, Nov. 14th, 2019. (タイ・バンコクで開催された第16回IAVEアジア太平洋地域ボランティア会議「責任あるボランティア:誰にも害を及ぼさない」セッションにて発表。2019年11月14日)

▲ページの先頭へ戻る

支援メニュー

NPOリスク・マネジメント・オフィスでは、非営利セクター全体のレベルアップをめざす支援と、個別の組織やグループの組織力のレベルアップをめざす支援と、大きく分けて2つの支援メニューを持っています。

非営利セクター全体のレベルアップをめざす:
  (自治体や中間支援組織での講座研修など)

 NPOやボランティア活動など、非営利セクターにとってのリスクやリスク・マネジメントの考え方や、関わる人が元気になるリスク・マネジメントを通じて活動の目的が実現されるチャンスを増やす方法などについて、自治体の市民活動支援やボランティア活動推進を担当される部署や、NPO中間支援組織、社会福祉協議会などの皆様が実施される研修や講座などを、非営利セクター全体のレベルアップにつながると信じてお引き受けさせていだいています。
 講座の内容は、導入編としての全般的なリスク・マネジメントから、地域グループの個人情報保護の方法やメンバーが委縮しないルールの決め方など、特定テーマまでさまざまです。講座も座学のみ、座学とワークショップ、座学と相談会など他の支援活動との組み合わせも可能です。

リスク・マネジメント個別メニュー:
  個々のNPOのレベルアップをめざす

 リスクの内容や、リスク・マネジメントのあり方は、組織ごとに異なります。「公開講座でリスク・マネジメントの考え方は分かったけど、うちは何をしたらいいの?」という組織向けの個別支援メニューです。「関わる人たちが安心して活動できる・NPOやボランティアの支援を受けられる」仕組みづくりや、NPOどうしやNPOと他のセクターとのパートナーシップ構築に関するお手伝いもいたします。
 個別支援メニューは、大きく分けて5つの支援メニューをご用意しています。

1)内部研修
 ご依頼をうけた組織向けのスタッフやボランティア、理事の方々などに向けて、リスク・マネジメント講座やリスクを洗い出すワークショップなどを行ないます。ご依頼先の活動分野や組織規模等の特色にあわせて、リスク・マネジメント全般や、個別トピックに関する講座や、自組織のリスクを洗い出すワークショップ等を行ないます。
 複数の団体からの参加がある公開講座と異なり、内部研修では、講座を「カスタマイズ」することができます。 座学のみの場合や座学とワークショップを組み合わせる場合や、毎年のステップアップ研修などが可能です。
 研修自体は、短いものですと1回数時間で終了しますが、ご依頼者様の状況を把握するため、準備にはすこしお時間をいただきます。

2)リスク・マネジメント体制整備
 ボランティアの受け入れ体制や個人情報の扱い方のルールなど、今までルールが曖昧だったり存在していなかったりしていた場合に、ルールを作ったりマニュアルなどの形に明文化したりするなど、リスク・マネジメントの体制を整備する支援です。組織にみあう、実効性のあるものを作る必要があるので、一定の期間組織に関わる様々な方にヒアリングをしたり組織内文書を確認したりしながら作っていきますので、かかる時間はご依頼内容やご依頼者様のご事情によってさまざまです。ただし、マニュアル等の完成がゴールではありませんので、研修や定期的な修正など、継続的なとりくみをおすすめしていますが、なるべくご依頼をいただいた組織のみなさんがご自身で取り組みを続けることができるようになることをめざしています。

3)組織の業務の一部を担当
 一定期間、組織の「なか」に入って、マネジメントが「おいつかない」部分をお手伝いしながら体制を整えていく支援の形です。上記「2」にも似ているのですが、たとえば「会報の記事を書ける人がいなくなってしまったので、新しい担当者が来るまで記事を書いたり題材をさがすのを手伝ってほしい。新しい担当者が来たら引き継ぎまでお願いしたい」という場合、一時的にNPOリスク・マネジメント・オフィスが「中の人」として広報を担当することもあります。必要があれば、引き継ぎマニュアルなども作成します。
 「1週間あたり〇時間程度で数か月」など、かかる時間や期間はご依頼内容により変わります。

4)緊急時・リカバリー時の助言
 起きてはほしくないですが「リスクが発生してしまった!」というときに、関係者への報告や組織内外への対応などについて助言します。たとえば個人情報の漏洩があった場合、被害の予測や明確にすべき情報を整理したりします。面識のない組織からのご依頼だと、どうしても組織の事情や状況の把握に時間がかかってしまいますので、従来は、すでにご支援させていただいている組織や、面識のある方からのご紹介で実施してきました。
 緊急時の対応で終わり、ということもあります。小さな案件の場合は電話やメール等で数時間程度です。
 その後の再発防止や、組織のあり方を見直すなど、「リカバリー(回復)時」のお手伝いをすることもあります。その場合は、数ヶ月〜半年程度の短中期の関わりを目安にしています。まだリスクへの意識が高いうちに取り組むことをお勧めしています。

5)継続支援サービス
 平時のご相談を一定時間(たとえば月に5時間程度など)おうけする「定額支援」サービスです。気軽にご相談いただける形にしたいと思います。すでに長いお付き合いのある組織のなかには、すでにこのような支援をさせていただいているところもあります。「もしも」のリスク発生時に「初めまして」から始めずにすみますので、スムーズに対応ができます。

▲ページの先頭へ戻る

費用について:
 費用は、支援の形態によってさまざまですので、お問い合わせフォームよりご相談ください。遠方の場合、交通費や必要な場合は宿泊費などもあわせてご負担お願いしています。直前のご依頼や緊急時には、若干割り増しになることがあります。

「NPOリスク・マネジメント・オフィス」という名前、とくに「オフィス」の部分には、「自分たちではリスク・マネジメント担当のスタッフを採用することはできないNPOの(外付けの)オフィスになりたい」という想いをこめています。ご関心ある方は、一度お問い合わせフォームからご相談ください。
 なお、会計士や税理士、弁護士といった「士業」の方にお願いすべきことは引き受けられませんが、士業の方と円滑にコミュニケーションが進むように事前の準備をお手伝いしたり、NPOに理解のある弁護士の方をご紹介することはできる限り対応させていただきます。(会計業務については、アドバイスなどは行なっていません。)

代表プロフィール

代表中原美香の人物イラストNPOリスク・マネジメント・オフィス
代表 中原 美香 

東京の下町に生まれ育つ。日本でNPO法制度やNPOのマネジメント、フィランソロピーなどへの関心が高まっていた1990年代、アメリカの大学院への留学(修士課程修了。国際政治専攻)がきっかけとなりカリフォルニア州サンフランシスコ近郊のNPOでインターンとしてこれらのトピックに関して取材・調査・情報発信、視察ツアーのコーディネート・同行通訳などの業務に関わる。帰国後、国際人権団体での勤務を経て2000年12月にNPOリスク・マネジメント・オフィスを設立。市民の「よりよい社会を作りたい」目的の実現の確率を少しでも高めるために、非営利セクターの包括的なリスク・マネジメントの必要性を伝え続けている。大学でのCSR(企業の社会的責任)インターンシップ・プログラムのコーディネータ―やボランティアコーディネーターとして、企業のCSRへの取り組みや学生の地域活動や国際協力、震災復興支援ボランティアなどの様々なプログラムにも取り組む。多様な人々が住みやすい社会を実現するための活動を続けている。

現在、株式会社ソノリテ パートナーコンサルタント、東京ボランティア・市民活動センター 『ネットワーク』編集委員も務めている。

活動のキーワード:

NPO、NGO、ボランティア、非営利セクター、リスク・マネジメント、マネジメント、CSR、人権、防災・減災、サステナビリティ、シェアード(共有)マネジメント、ネットワーク、パートナーシップ、社会貢献、社会的責任、SDGs、ソーシャル・イノベーション、社会的企業、社会の多様性、ダイバーシティ、マイノリティ、ジェンダー など

▲ページの先頭へ戻る